同じ

私の中で、狛さんと器は別物でした。

器=料理を盛るもの。
邪魔をしないもの。生活に寄り添うもの。
私の中の器のイメージと
自分がつくれるものとの差で
ぐらぐら揺らいでいたつもりだったけど
自分なりの楽しさ、器の心地よさを自然と探していたら
狛さんをつくる事とそんなに変わらないと気付く。

器さんにとって何が心地いいのか。

狛さんをつくるときは結構喋っている。笑
こっちへおいで。ちょっと向こうむいて。
器さんも同じ。モノじゃない。


器さんづくりでトラブル(涙)
あわあわなりながらお世話になっている方にに相談したら
相談したものもだけど
化粧(器のね。笑)
綺麗にしなくていいんじゃない?

綺麗な器を作られる方なのでビックリ。

あ…。私は私。
化粧も楽しめばいいのか!!




[PR]
Commented by MAJO at 2017-04-02 15:57 x
私も、「私は器と呼ばれている形状のものの上に純粋に絵を描くことや、器の形状をした”オブジェ”をつくるのが心から好きで、この世にはそれを必要としている人やこういう気持ちの核心を理解してくれている人がちゃんといるんだ。」と気づいたとき、それまでまとわりついていた器=食器という息苦しさから解放されました。この世界は広く深い。
器という言葉を使ったとたん既成概念・固定概念の「呪」にとらわれやすいですが、
「呪」にとどまることなく、逆に「呪」があることを足掛かりにして(未熟者なので悩んだり紆余曲折はしますが)、
自分はいわゆる日本でいう「陶芸家」とは役割が異なるということに辿り着けて幸せだと思いました。本来はもっと自由で楽しくこの世界の自然とより添えるんですよね。
Commented by denmosou at 2017-04-02 21:10
MAJOさま*コメントを読んでルンルン♪リズムをとって小躍りしてしまいました*笑
by denmosou | 2017-04-02 08:16 | 日々 | Comments(2)