カテゴリ:ツチとケモノ( 72 )

小竹の酒呑童子

とあるお山に酒呑童子と呼ばれる
鬼が住んでおりました。

ずうっとずうっと昔からいるので
何故、酒呑童子という名になったのか知るものもなく
ただ大酒呑みの恐ろしい鬼なのだろうと
酒呑童子のお堂に近づくものは誰もおりませんでした。

…というのは…
実は人間に限ったことだったのです。

この酒呑童子、頭には二本の角
口には牙も生えており
昔々はお山の動物たちにも恐れられておりましたが

木々や草花、風は童子の心を知っていたので
共に語りあっておりました。

この童子、声もよいので
いつしか心地よい歌声につられて小鳥たちがさえずり
また、それに合わせて動物たちも近づくようになりました。
そんな動物たちの中には傷ついたものもおりましたので
自ら造り出した酒を元に薬をつくり看病したりと
非常に心根の優しい鬼でございました。

いつしか酒呑童子のまわりにはいつも山の生き物が寄り添い
酒呑童子の歌声にあわせて鳥たちがさえずっておりました。

そんなわけですから、お山のふもとの人々が
楽しげな音色に引き寄せられたのでは?と思うでしょう。

しかしあまりにも、この童子の根が優しく可愛らしいので
歌声は木々や風が天へと舞い上げ
ふもとに届くことはありませんでした。

今でもひっそりと酒呑童子は山奥で暮らしております。

もし風と共にどこか遠いところから音色が聞こえてきたら

あなたも童子と似たような心根なのかもしれません。

f0248827_10105191.jpg


[PR]
by denmosou | 2017-10-19 13:11 | ツチとケモノ | Comments(0)

鹿さん

あるところに綺麗な鹿さんがおりました。


夜になって、みんなが寝静まると
誰もいないお岩へのぼって
遠く遠くのお星さまをみては
なんとなく切ないような…あったかいような
心の奥が少し、くすぐられるような
なんとも言えない気持ちになっておりました。

ある日…星が今までにないほど、またたく夜に
いつものように鹿さんが
お岩で星たちに想いをよせておりますと…

突然ポタポタと大粒の雨が鹿さんの額を濡らしました。

今まで、雨のふる日は
なんとなく匂いで分かったので
お岩へは行きませんでしたが
この日は違いました。

不思議に思いながらも
ポタポタ落ちてくる雨が心地よくて
そのまま空を眺めておりましたら

ポタッ…ポタッ…とおちてく雫が鱗となり
少しずつ鹿さんの体を包んでゆきます。

けれど鹿さんはまだ、お空をみあげたまま…

大粒の雨が小粒に変わったころ…

鹿さんがふと足元をみると
足から大きくて鋭い爪が生えております。

ビックリしましたが、心は懐かしさに溢れ
涙も溢れてきます。

そうだ私は龍だったんだ。

そう思ったとたん…涙が川となり
鹿さんのからだは天へと昇ってしまいました。


日がのぼり
一頭の綺麗な鹿さんは消えておりました。

そして同じく、みんなの記憶からも一頭の鹿さんが消えておりました。

仲間の鹿さんは、また新たな日を迎え、また春にむけ命を繋いでゆくのでした。

f0248827_15363229.jpg

[PR]
by denmosou | 2017-10-18 14:42 | ツチとケモノ | Comments(0)

狛犬さん

今回、人魚姫の涙展の
小さな門番として入り口に座りながらも
笑いすぎててお役目を果たしてるのか
ちょっと心配な😂狛犬さん。

何つくってるの?と聞かれると
狛犬さん🌱と答える私ですが

阿吽対でうまれた狛犬さんは
作家活動を始めてからはこの子で三体目。

ず~っと狛犬さんはつくっていますが
片方がヒビが入ったり爆発したり💦
世に出せる状態の子はなかなかうまれません💦

もう世に出すなってことかしら?
販売はアカンのかな?展示だけにしよう!
置いていただいているお店に電話しよう!
と決めた当日に、お嫁にいったで~
と連絡があり(o゜◇゜)ゝ
なんじゃそりゃ~!笑。
天の邪鬼な狛犬さんです😂

とっても大好きでつくりたい存在なのに
何故かすんごい気力?を使うので
つくってる最中はヘトヘトに。笑

百海と見た目はあまり変わらないのにまた違います。

でも、今回の狛犬さんはにこにこ笑顔♪

ちっちゃいけれど、大きな狛犬さんと
つくり方は全く一緒です。
歯も爪もちゃんとついてます❇

狛犬さんとして成長途中のイタズラ狛犬さん。

もし門番をせずにお喋りばっかしていても
怒らないであげてくださいませ😂

f0248827_07401687.jpg

[PR]
by denmosou | 2017-07-16 07:39 | ツチとケモノ | Comments(0)

魚さん

よく魚さんはつくります。

でも今回の子はなんかのびのび*笑

珍しく量産?(と言っても少しだけど)したら
なんか楽しい(*´∇`*)

f0248827_23340044.jpg

魚じゃないやんって?
…魚なんですよ*


[PR]
by denmosou | 2017-05-11 23:33 | ツチとケモノ | Comments(0)

まるっと

大切なものは全て自分の内にある*


f0248827_10075416.jpg

[PR]
by denmosou | 2017-04-22 10:07 | ツチとケモノ | Comments(0)

速度

器に絵を描いている時は、それが一番楽しい。

ロクロをひいている時は、それが一番楽しい。

ちっちゃな魚さんをつくっている時も、それが一番楽しい。

狛さんをつくっている時も、やっぱり一番楽しくて

それが崩れるのは
焦ったり、急いだりしてる時なので

心地よい速度を守りつつ…
久しぶりの展示と新作の器さんにドキドキしている*

窯さま 釉薬さま お天道さま🙏

あんなに悩んでいた器の絵が大好きになっている。笑
f0248827_12071764.jpg

[PR]
by denmosou | 2017-03-30 11:27 | ツチとケモノ | Comments(0)

龍さん

いつもの幸せに
新しい日常。

磁器龍。
f0248827_15560710.jpg

[PR]
by denmosou | 2017-03-11 15:54 | ツチとケモノ | Comments(0)

写真

大阪心斎橋ギャラリー永井さまでの二人展用に
いつもは苦手な写真が楽しく撮れたので
同じ日に、違うバージョンも(*^^*)笑

こちらは、お魚さん*

奈良の天川の木と逗子の貝殻*
f0248827_20461105.jpg

[PR]
by denmosou | 2017-03-04 20:45 | ツチとケモノ | Comments(0)

土が変われば…

この土さんはさわられるのが苦手らしく
いつも通りしてると嫌~の声。

なんだか*いつも通りにならないって面白い。笑

いつもの土だと
もうかまわないで~の声に気づかなくても
生成ではあまり問題がありません。

でも、この子は割れたりヒビが入ったり。
できるだけ短時間で、一気に仕上げると嬉しいみたい。

土が変われば…面白い。

f0248827_00033417.jpg

[PR]
by denmosou | 2017-02-22 00:03 | ツチとケモノ | Comments(0)

ろくろ

ここ何ヵ月かろくろさんと
仲良く出来ず、悩んでいたのですが

狛さんたちをつくるときに
何が出来るかとか、何がしたいかとかではなく
お話をして
目はこっち。耳はここ。
何か違って付けなおして~!

と、全て教えてくれることを思い出し
器さんにも聞いてみることにしました。

あれ?
あんなに嫌がってた子が寄り添ってくれます。

土さんにも苦手な方向や伸びかたがあるのに
無理やり自分の型にはめようとしていたようです。

私が一番苦手な事を土さんにしちゃってたな~汗。

土さんと私が合わさってできることは
お互いに気持ち良い方向のはずなのに
器さんになると、つい忘れて焦ってしまう。

もっとお話して仲良くなれるといいなぁ*

f0248827_22083039.jpg

[PR]
by denmosou | 2016-11-01 22:07 | ツチとケモノ | Comments(0)